上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
について書きたいと思います↓

333212view001.jpg

最初に言っておきます。


ネタバレ全開でいきます


未見の人は絶対に見ないようにしてください


初見の衝撃度がかなり下がります


未見の人はこの一つ前の記事を見てから劇場に行ってください


では、いきます。




























































以下に個人的に衝撃だった点を挙げます。


1.アスカが参号機に搭乗したこと


2.弐号機が暴走(?)したこと


3.カヲルがゲンドウ(あるいは冬月)のことをお父さんと呼んだこと


4.最後にセカンド(サード?)インパクトが発生しかけたこと


5.初号機の暴走がシンジのレイを強く想う気持ちから引き起こされたこと


6.零号機が捕食されたこと


7.使徒のデザインの変化(特にゼルエル!)



特に1は驚きました


まさかのアスカの途中退場ですでも最後の予告では・・

333212view005.jpg


でもこの出来事があったからこそ、その後のシンジの行動、及び最後の戦闘での


シンジの心情(もう大切な人を失いたくないという強い気持ち)に


強く共感することができました。


あと、ゼルエルがめっちゃ強い! (ノ゚ο゚)ノ  


暴走(?)した弐号機、自爆覚悟の零号機の


二体をもってしても勝てなかった


零号機を捕食したことで、人間に近づいてるし・・ (・・;) 


人類を滅ぼすための使徒が人間に近づいていることに


何か意味があるんでしょうか・・?


打つ手なしかと思われた状況を打破したのは


やはり、シンジの搭乗する初号機


シンジの性格は大きく変化しましたね・・↓

333212view002.jpg



消極的ではなく積極的に行動を起こしています


初号機暴走後のシンジはすごくかっこよかったです


マリの存在はいまいち掴めませんでした。


でも他の三人と違って


戦闘そのものに興奮、喜びを覚えているような描写


(特に弐号機暴走時)


があったので少し気になりました。


Qに期待します・・


まだまだ疑問点(2,3,4)はあるんですが、とりあえずこのくらいで


いったん終わっときます


ではでは



ランキングに参加してます!
多くの人にみてもらいたいのでクリックお願いします


web拍手
スポンサーサイト
2009.06.28 Sun l 邦画 l コメント (0) トラックバック (0) l top
を見ました。↓

333212view001.jpg



最初にいっときます。


僕が見てきた映画の中で


間違いなく過去最高の衝撃度


映画でこれほどまでに


鳥肌を抑えられない作品はなかった



これでも映画はそれなりに見てますけどね・・ (-。-;) 


原作知らなくても衝撃は受けると思います。


ここまでできるのかと。


とか言ってる僕も原作に詳しくないですけどね


まあ見てください。見ればわかります。  (¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン 

26713_3.jpg

詳しいことはまた後日・・


ではでは



ランキングに参加してます!
多くの人にみてもらいたいのでクリックお願いします


web拍手
2009.06.27 Sat l 邦画 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日買い物行ったらこれが売ってました。

1246002305-090626_111607.jpg



w(゚o゚)w オオー!


ペプシコーラ しそ味


し、しそ!?  (-。-;) 


他にもっとええ味なかったんかい!


とつっこみたくなるのをこらえて購入しました! ヾ(・・;)ォィォィ 


早速飲んでみたところ、しその香りが強烈でかつ、甘みと炭酸があるという


微妙な不協和音を奏でていました・・


なんでしそなんだろ・・?


不思議な余韻が残る味でした


以上! (`◇´)ゞ 



ランキングに参加してます!
多くの人にみてもらいたいのでクリックお願いします


  web拍手
2009.06.26 Fri l なんとなく・・・・ l コメント (0) トラックバック (0) l top
やっと見れました


ターミネーター4

61053_01_400.jpg



なんか時間がなくて見に行こうにも、見に行けない状態で


さっそくレビューしたいと思います! (`д´ )ゞ 


単刀直入に言いますと、今回のターミネーターは個人的に微妙です すいません


ジョン・コナー役のクリスチャン・ベイルの演技は見ごたえがあり、


謎の男マーカスの正体に驚き、


様々な種類のターミネーターに興奮し、

(特にこれ!)↓

20090709233914.jpg



多くのアクションシーンで手に汗握ったんですが、


どうもしっくりこなかった


なんとなく「ターミネーター」じゃない気がしたんです /_・) 


前作までは機械人間の直接的な描写は少なく、


今作ではそれがはっきりとした形で描かれているので少し抵抗を感じたのかもしれません


ターミネーターの魅力の一つとして挙げられるのは”追われる緊張感”、


つまり自分より強い相手に常に追われているという感覚


があると思うのですが、今作では


一対一でも苦労して勝てる相手として


ターミネーターが描かれていたので、なんか変に安心しちゃったのかも・・ m(_ _;)m


勝てるぞ!(`Д´) ↓

709233704.jpg


でもこの舞台設定は紛れもなくターミネーターのものであり、


少し見方を変えたにすぎないんだ、とも思います。


「ターミネーター」にしか作れない続編とでも言いましょうか。。。


今まで描かれなかった未来のことを描いている今作は


前シリーズまでの「ターミネーター」とは違う


新たな「ターミネーター」の始まり


を予感させます。


そういう意味では今作は新「ターミネーター」の始まりとしては悪くない出来であり、


十分に続編を期待させる物として見ることができます! (゚д゚)(。_。)ウン! 


なんか最初と意見が違う


とにかく言いたいことは、


あくまで新「ターミネーター」として見て欲しい


ということです。


そうすれば前シリーズのファンの方でも


それほど抵抗を感じずに見れるのではないでしょうか?


なんかいっぱい書いたな・・


ここまで読んでくださった方に感謝です! <(_ _*)>


ではでは 



ランキングに参加してます!
多くの人にみてもらいたいのでクリックお願いします


  web拍手
2009.06.25 Thu l 洋画 l コメント (1) トラックバック (0) l top
全然更新できんかった


本当にすいません m(_ _;)m ゴメン!! 


ここんとこ忙しくてなんか更新できんな


こんなんじゃダメだ!


明日から頑張るぞ!


明日もこんなん言ってる気がする



ランキングに参加してます!
多くの人にみてもらいたいのでクリックお願いします


web拍手
2009.06.24 Wed l なんとなく・・・・ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。